下町と芸術が交錯する東京都住環境

とにかく人々の行き交いが激しいのが東京都です。平日でも、土日祝日でも、ひっきりなしに人々は行き交います。そんな東京都住環境は、二面性を持っています。まず一つは、歴史と繁華街の共存です。歴史を偲ばせる下町である江戸時代から明治時代にかけて発展した商店街のすぐそばの公園には、時代を駆け抜けた人々が暮らした屋敷跡やゆかりの土地があって、その名残と現在の繁華街が混在した姿となっています。
もう一つは、情緒と芸術です。動物園方面は確かに観光スポットとなっている分、行き交う人々の数も多いのですが、広大な森に囲まれた敷地内では、人々が心を和ませる憩いの場があります。芸術に関する大学をはじめ、たくさんの博物館や美術館など、人々の残してきたものが点在しています。所狭しとひしめきあう繁華街側とは異なり、いくつもの点在した大きな建物に、歴史・文化的魅力のある宝物が堂々と静かに存在しているのです。このように、東京都という町は、さまざまな目的を持った区域と、そこへと向かう多種多様な目的を持った人々が交錯する町なのです。この多次元にも通じる空間こそが、東京都住環境といえるでしょう。交通アクセスに関しても地下鉄は銀座線、日比谷線、東京都方面にはつくばエクスプレス、また山手線、京浜東北線と様々な電車が通っており東京都に向かうにも東京都からどこかへ向かうにもとても便利です。その分駅周辺は常に人が多く時間によっては電車も混んでいます。

若い人や独身者には住みやすい、東京都住環境

私は昔、買い物や遊びで何度か東京都に行った事があります。私が思う「東京都住環境」は東京都公園や東京都駅に近く、東京メトロ日比谷線、大江戸線、JR線が通っている為、通勤・通学も便利である。その結果都心に行きやすいので買い物や遊びにとても便利です。都心に出なくとも徒歩で東京都までいけば事足りることが多いでしょう。大きなデパートが東京都周辺にありますし、芸術に興味がある方は東京都美術館で過ごすのもいいと思います。東京都美術館は結構有名な展覧会からマイナーまであるので芸術が好きな方はとても楽しめると思います。東京都といえば東京都動物園も東京都からでしたらとても近く、大人でも600円という手軽さで1日楽しく見て回ることができます。また外国人観光客に有名な商店街も近く、買い物しやすい環境です。とても便利なので、東京都は本当におすすめです。
私が勤めた会社の先輩が、東京都に住んでいたのですが、ほとんどの物件が一人暮らし向けが多く、また繁華街にも近い為、防犯対策としてオートロックが設置されていたそうです。ただ、先輩からの話によると東京都住環境は公園や緑などが少ないうえ、交通量が多いこともあって子供が居る家族よりも、一人暮らしの方、独身者にとって住みやすい環境だと感じました。

Copyright ©All rights reserved.賃貸探しの前に知っておきたい不動産会社のこと.